Android 6.0 Marshmallowアクセス権限の要求について


2015年に導入された Android 6.0 Marshmallow はアプリのアクセス権限が変更されました。

これまでアプリをインストールする際に、アプリが要求するアクセス権限が一括に許可し、セキュリティ上の問題になる可能性があるのとは違い Android 6.0 Marshmallow では、アプリのインストール時にアクセス権限の要求は表示しないが、初めて使用する直前にポップアップ表示でユーザーにお知らせが表示し、その際に権限を許可する必要があります。

Android 6.0 Marshmallow を使用の場合、KKBOX のアップデートや新しいバージョンのログイン時に『電話帳』と『ストレージ』の権限を要求されます。KKBOX が権限を要求するメッセージに「許可しない」をタップすると KKBOX はアクセス権限を要求する理由が表示されます。

※ご注意:『電話帳』と『ストレージ』のいずれかを拒否するとKKBOXが正常に機能できない場合が
あります。
最初に拒否したアクセス権限を許可する場合はこちら


メッセージ 1.

KKBOX より「電話帳」へのアクセス権限を許可してください:
KKBOX は電話の発信や連絡先にアクセスはいたしません。ネットワーク情報やログイン状態の確認のみに使用します。
電話帳へのアクセスを拒否する場合、KKBOXへのログインができません。


メッセージ 2.
KKBOX より「ストレージ」へのアクセス権限を許可してください:
楽曲の一時保存のために、KKBOX によるストレージへのアクセス権限が必要です。
ストレージへのアクセスを拒否する場合、KKBOX での楽曲の再生や一時保存ができません。


「電話帳」と「ストレージ」両方とも拒否した場合に表示するメッセージ:


「電話帳」のアクセス権限を「許可しない」の場合に表示するメッセージ:


「ストレージ」のアクセス権限を「許可しない」の場合に表示するメッセージ:



最初に拒否したアクセス権限を許可する場合にはどうしますか?
下記2つの方法があります。

【方法1:お知らせメッセージより】
お知らせメッセージから「もっと詳しく」をタップし、一番下までスクロールし「設定」をタップすると KKBOX アプリの設定画面が開きます。


【方法2:Androidの設定より】
1. デバイスの「設定」をタップします。


2. 「アプリ」をタップします。


3. アプリ一覧の中から「KKBOX」をタップします。


4. KKBOXの設定画面の「許可」をタップします。


5. 「電話」と「ストレージ」の権限をそれぞれ「オン」にします。


お役に立ちましたか?

このソリューションはなぜ役に立ちませんでしたか。







KKBOX アカウント: キャンセル
※ こちらに技術的なご質問などをいただきましてもご返答する事ができません。何卒ご了承いただきますようお願いいたします。